カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ

ふろしきハンド

→F CARRY
→浴衣に合うふろしきバッグ
→ショルダータイプ
→商品ラインナップはこちらをクリック


誕生ストーリー


「いつものお洋服にあわせて、ふろしきが使えたらいいのに…」
ふとしたひとりの主婦の閃きがきっかけで誕生した「ふろしきハンド」。
時とともに手に馴染むように、一つ一つ、手作りで仕上げています。


handに込めた想い
→手縫いタイプはこちら

手縫い仕上げ
一目一目手縫いで仕上げています。
やさしいにぎり心地
時とともに手に馴染み
革ならではの風合いを楽しめます。


手縫いシリーズはここで生まれます。

広島県呉市。この街の一角に、ウォーク社はあります。 一見したところ緑がきれいな普通の住宅ですが、中にはアトリエを改装した工房があり、ここで風呂敷ハンドは作られています。
ふとしたひらめきから始まった風呂敷ハンドですが、ここで仲間と作業している内にいつしかアトリエは仲間が集う場となり、もの作りの輪が広がっていったのです。




左_一般の主婦といえど技は職人クラス。技術を習得して自宅にて制作する。時と場所に縛られないからこそ、ゆとりあるモノづくりができる。
右_作業する場所はウォーク社自宅のアトリエ。昔は絵画教室として使用していた。



こだわりの素材
→ベルトタイプはこちら
→ショルダータイプはこちら

栃木レザー(本なめし革)
植物なめしの皮革は、丈夫で長持ち。
そして使うほどに味わいがでてきます。
  
オリジナルリング
アンティークゴールドの金具は
生地をしっかりキャッチします。

栃木レザーについて
1.石灰漬け
脱毛と不要な脂肪を分解する。
2.ピットなめし
約1ヶ月間、植物タンニン液が 入った槽に皮革を漬ける。
3.自然乾燥
指定の色に染め上げた後は 4日から1週間かけて自然乾燥。
4.バタ振り・空打ちタイコ
振動を与え皮革に柔軟性を与える。
その後、皮の品質を失わないように 注意しながシボ(シワ)を加える。


選べるハンド


最初は一つのタイプしかなかった「ふろしきハンド」ですが、 ライフスタイル、テキスタイルに合わせて、自由にお楽しみいただけるよう、 様々なタイプの「ふろしきハンド」を開発してきました。 どのハンドも持ちやすさ、使い心地には注力を注いで、一つひとつ丁寧に作り上げたものです。 どうぞ、暮らしのスタイルを選ぶように、ふろしきハンドをお選びください。

ふろしきバッグのオススメ使用例


付属スナップピアスについて
〜ふろしきハンドにスナップピアスをつけた理由〜

いままでのふろしきバッグは手軽で便利な反面、置いたときに 中身が見えたり、こぼれたりして使いにくいという唯一の欠点がありました。
そこで私たちは、その問題を克服できる『どこにでも取付け取り外しができるボタン』 名付けて『スナップピアス』を独自開発しました。
※1
ふろしきバッグをより使いやすくするために、『ふろしきハンド』には全て※2 『スナップピアス』をセットにし、お届けします。
※1 ふろしきハンド、スナップピアスはウオーク社の特許登録商品です。
※2 お弁当ハンド、プチハンドは除く。



商品ラインナップ


しなやかに、しっかりと。
手にやさしい、手づくりバンド。
→商品はこちらから

すべては「布」を引き立てるため、
計算されつくした、ベルトデザイン。
→商品はこちらから

ふろしきなの?!と驚かれたり、
素敵なふろしき!と褒められたり。
→商品はこちらから

もうハンカチは使うだけじゃない。
包んで、運んで、
魅せる、ハンカチへ。
→商品はこちらから

自分の好みの長さが見つかる。
使い勝手を調整できるショルダー。
→商品はこちらから

ふろしきがリュックに。
使い方が広がる2wayタイプ。
掛けても背負ってもよし
→商品はこちらから

ふろしきバッグを中から支える、
しっかりとしたインナーバッグです。
→商品はこちらから

使用例
24商品
24商品中 1 - 20表示